佐藤デザインルーム

エコ・エネ研

 『エコロジー・エネルギー研究会』、通称『エコ・エネ研』は年齢も職業も様々な20人あまりの会員が集い、エコロジーやエネルギーについての関心事や情報を持ち寄って、話しあったり視察や研究、普及啓蒙などの活動をしている市民グループです。

自然エネルギー教室

 小諸市内の小中学校を中心に出掛けていき、こどもたちといっしょに『自然エネルギー教室』を実施しています。自然エネルギーを体感できるような内容を工夫しています。

←太陽光発電の実験パネル6枚(写真左奥)と、自転車発電機(写真右手前)それぞれで発電した電気で、Nゲージの鉄道模型を走らせ競争します。(坂の上小学校4年生
水明小学校>>>)(野岸小学校>>>
←太陽光発電パネルで発電した電気で、エレキヴァイオリンを演奏。演奏は岡本さん、足下の小型のパネルで発電しています。パネルを影にすると音が小さく・・・
←写真右下:ソーラークッカー2台で、ホットケーキを焼いて、みんなで食べました。
※平成17年3月、市内の8つの小中学校には、それぞれ10kwの太陽光発電システムが設置され、地域の「学校太陽光発電所」になりました。今後も子どもたちいっしょに地域のエネルギーについて考えていきたいと思います。>>>小諸市・学校太陽光発電所
←2006.08.02. 上田市の川西公民館でこどもたちといっしょに「自然エネルギー教室」をしました。

気象観測ネットワーク小諸

 エコエネ研では、小諸市内に気象観測ロボットを設置し、気象データを小諸の『気候図』ができればと、『気象観測ネットワーク小諸』を構想しています。
 まず、エコエネ研の気象観測ロボットを坂の上小学校に設置して、気象観測データを記録しています。
 また、市内にあるマンズワイン小諸ワイナリーの協力により、敷地内に気象観測ロボットを設置していただきました。さらに、『森山エコクラブ』により美南ガ丘小学校にも設置が予定されています。市内の小中学校、高等学校や公共施設、農業関連施設などに設置を呼びかけていきます。※写真は、坂の上小学校に設置した気象観測ロボットです。気象観測ネットワーク小諸>>>

見学会・ワークショップ・パネルディスカッション

←【見学会】軽井沢星野リゾートの自家水力発電を見学しました。(写真左:取水口、写真奥:農業用水路「御影新田用水」)

 『自然エネルギーフォーラム』などの市民の集いを毎年1度ぐらい開催しています。毎回テーマを決めて、ワークショップやパネルディスカッションなど活発な意見交換を行っています。

←市内の水路を見て歩き、水力発電の可能性を話しあいました。