佐藤デザインルーム

地域型エコ住宅設計

池の平湿原公衆トイレ

塚の前の家
 【エコトイレ・長野県東御市】標高2,000メートル、上信越国定公園の亜高山帯、コマクサの咲くようなところに水洗の公衆トイレを・・・・排水しない循環式浄化槽の温度を維持するためにOMソーラーが導入されています。
 日本トイレ協会『グッドトイレ10環境賞』を受賞しました。
塚の前の家
 年間の平均気温2℃、2月の平均気温は、−6℃ぐらいのところです。5月でも表土から50cmあたりが凍土になっています。
塚の前の家
 トイレの床下空間が機械室です。
塚の前の家
 床下機械室
 ※写真右上から下っている丸ダクトがOMソーラーの集熱立ち下り送気ダクトです。角ダクトで機械室全体に暖かい空気を送っています。
 機械室の床下に、約70トンの浄化槽があります。機械室の暖かい空気が、ブロワーにより浄化槽のばっ気します。これにより、夏のハイシーズンには水温26℃ぐらいまで加温されます。