佐藤デザインルーム

地域型エコ住宅設計

 信州の東部、八ケ岳や浅間山の周辺は、日本国内でも最も日照時間の多く、かつ雨の少ない地域のひとつです。さらに豊かな水と緑に恵まれ、四季のダイナミックな自然の移ろいある素晴らしいところです。冬の寒さを凌げば、とても暮しやすい土地なのです。
 そこでこの地域の住まいづくりには、太陽エネルギーの利用がとても有効です。太陽光発電や太陽熱利用の暖房や給湯などを組み合わせ、住宅で使うエネルギーの60%〜70%を太陽でまかなうことも可能です。
 住まいの基本性能である構造や仕組み(日当たり・風通し)はしっかり確保し、家族のライフサイクルの変化に合わせて、柔軟に対応できる開放的なプランの提案を心がけています。家族の拠り所となるような家づくり、住まいづくり・・・家族の暮らしをデザインします。
 住宅・別荘・商業空間・・・エコ住宅など、太陽光発電や空気集熱式太陽熱利用システム・OMソーラーを導入した設計実績は20棟以上あります。
>>>自然エネルギー研究所ホームページ
>>>OMソーラー協会ホームページ
>>>関連書籍:無理なく住めるエコ住宅〈OMソーラー協会〉
※太陽光発電では、空気の澄んだ信州の高原にふりそそぐ強い陽射しの太陽光が、1kwシステム当りの発電量1,300kwh超と全国平均より30%あまり多く発電できます。 太陽光発電の設置には、補助金制度があります。2009年1月より、国の補助金(1kwシステムあたり7万円)。市町村でも補助金制度のあるところも。小諸市では(1kwシステムあたり5万円)、太陽光発電のグリーン電力証書化(買上)の制度も準備が進んでいます。

菅平高原・十ノ原の山荘

菅平高原・十ノ原の山荘
【エコ住宅・長野県上田市】標高1,300m菅平高原の山荘。Be-h@us、OMソーラー、太陽光発電、薪ストーブ、クールチューブと棟排気を組み合わせた換気のしくみ、などなど工夫いっぱいの建物です。2006/11完成しました。

小諸市・塚の前の家

塚の前の家
【エコ住宅・長野県小諸市】OMソーラー、太陽光発電、雨水利用、薪ストーブなどを導入した、3世代同居の農家住宅です。OMソーラー導入により、その特徴である広いオープンスペースが確保できました。土間、リビング、キッチンがオープンに一体化し快適な空間をつくっています。

佐久市・桜井の家

桜井の家
【エコ住宅・長野県佐久市】10年後を考えて・・・親世代の家の南側に隣接する敷地に新築したいとの相談でしたが、親世代の家に建て増しをする形で建てました。南側の敷地は家庭菜園として大活躍。OMソーラーで床暖房とお湯取り、涼風取入れを実現しました。

湯の丸高原・池の平湿原公衆トイレ

池の平湿原公衆トイレ
【エコトイレ・長野県東御市】標高2,000メートル、上信越国定公園の亜高山帯、コマクサの咲くようなところに水洗の公衆トイレを・・・・排水しない循環式浄化槽の温度を維持するためにOMソーラーが導入されています。日本トイレ協会『グッドトイレ10環境賞』を受賞しました。

東御市・就農住宅

東御市就農住宅
【エコ住宅・長野県東御市】就農を希望するIターン、Uターン希望者を受け入れるための農家住宅・5棟です。家の中で作業ができるオープンスペース、南側の掃出し窓から外へも出入できます。OMソーラーを導入して、吹抜けのあるオープンスペースでは、冬も暖かく過ごせます。

小諸市・坂の上の家

坂の上の家
【エコ住宅・長野県小諸市】1階の居間と食事室が階段を中心に緩やかに仕切られた開放的な住宅です。階段の吹き抜けが風の通り道となり、夏も涼しく過ごせます。また、寒冷地でありながら、冬でもOMソーラーと煙突ストーブ1台で、全部屋、トイレもお風呂も快適な温度を保っています。