佐藤デザインルーム

まちづくり

2006.11.17 小諸ひかりのファンタジー2006・点灯式

 小諸駅前のロータリー中央で、小諸ひかりのファンタジー・点灯式が11月17日金曜日夕方5時〜ウインターイルミネーションの点灯式がありました。2007年2月中旬まで、毎日午後3時〜ウインター・イルミネーションが点灯します。 メインのイルミネーション・モニュメント(高さ約12m)は、女子美術大学教授ヤマザキミノリ先生デザインです。骨組みは竹、電球は全てLEDのエコなイルミネーションです。
>>>小諸ひかりのファンタジー

2006.11.14 浅間山の南斜面に小諸のまちが・・・

小諸は、千曲川をはさんで、南側の御牧ケ原台地と、北側の浅間山麓に広がる南向き傾斜地にあります。
写真は、御牧ケ原台地の千曲川河岸段丘の上(826.6m三角点)から撮影しました。浅間山麓に広がる市街地は、千曲川の河岸段丘と浅間山麓の豊かな緑に挟まれています。

2006.11.14 御牧ケ原からの眺め・・雪の浅間山、中央アルプス、蓼科山


↑紅葉の御牧ケ原から眺めた浅間山・・浅間山の麓に小諸のまち

↑御牧ケ原から眺めた中央アルプス

↑御牧ケ原から眺めた蓼科山・・・中央の樹木の左下に写っているのが蓼科山


2006.11.05 「小諸ひかりのファンタジー」イルミネーション組立て

小諸駅前のロータリーに今年もイルミネーションのモニュメント(高さ12.5m)を組み立てました。
今年は、メインのイルミネーション・モニュメントについては、女子美術大学教授のヤマザキミノリ先生にデザインをお願いしました。  >>>小諸ひかりのファンタジー
 小諸ひかりのファンタジー実行委員会

2006.10 大手門公園の設計コンペにより「宮本忠長建築設計事務所」に

小諸駅周辺および大手門公園の基本構想をもとに設計コンペが実施されました。これにより長野市の「宮本忠長建築設計事務所」が基本設計〜実施設計にあたることとなりました。
※信州・小諸の小諸城址公園「懐古園」ですが、しなの鉄道をはさんで北側にも、大手門があり「大手門公園」が整備されています。現在、国の重要文化財である「大手門」は戦国時代築城当時の姿に復元工事が行われています。
※小諸城は、戦国時代・武田信玄の重臣「山本勘助」の地縄により築城され、豊臣秀吉の時に仙石秀久により完成、城下町も整備されました。写真は国重要文化財「小諸城址・三の門」

2006.8 駅前商店街の相生町通り・電線地中化工事決定

小諸駅前商店街の相生町通りの電線地中化工事が地元の合意により事業決定されました。長野県の調査が2006.10〜はじまりました。2007.4〜概略設計・実施設計となります。
※小諸駅は、長野新幹線の開通により、信越本線の特急が停まらなくなりました。その後、都市銀行の撤退にはじまり、東急デパート、NTT、中部電力などが相次いで撤退となりました。近年では、商店街にも空き店舗が目立ちはじめています。この機会をラストチャンスと捉え、新しい中心市街地の姿を模索します。